ブラックOKの携帯・スマホが契約できる会社とブラックOKの審査を通す方法

ブラックOK 携帯

「ブラックでも大手キャリアの携帯、スマホを買いたい」

「口座振替やデビットカードでスマホを持ちたい」

「携帯ブラックになってしまい、ドコモ、ソフトバンク、auのスマホが持てない」

このようなブラックの人のために、ブラックでもOKの携帯、スマホを持つ方法を紹介して行きます。

「金融ブラック」の他に「携帯ブラック」という言葉もあり、少し分かりにくいので説明して行きます。

 

\ファクタリングで給料を1ヶ月前借りしませんか?/

携帯ブラックとは? 金融ブラックとの違い

携帯ブラックとは「携帯、スマホの料金の滞納があると信用情報機関のデータに未払いデータが残り、他のキャリアに乗り換えることができない」状態を言います。

「MNPで乗り換えしようとしたけど断られた」、「新規で契約しようとしたけど断られた」

このような人は「携帯ブラック」の人です。

携帯ブラックはTCA(一般社団法人電気通信事業者協会)のデータに乗り、他のキャリアや格安SIM会社にも共有されます。

携帯ブラックの人は、まず滞納分を納めることが必要になります。

滞納分を納め終えると、携帯ブラックが消えるので、新規契約ができるようになります。

(2ch情報を見ると、滞納しても他社で借りられた情報はありましたが、基本はダメです)

 

金融ブラックは携帯本体を分割支払いにしようとすると審査落ちになる

金融ブラックの人は、携帯キャリアと契約することは可能ですが、携帯本体を分割払いにしようとすると審査落ちになってしまいます。

携帯本体の分割支払いはCICの審査にかけられるため、ブラックの人は契約することが出来ないのです。

では金融ブラックの人はどうやって携帯、スマホを手に入れることが出来るのでしょうか?

解決方法がありますので、下で詳しく紹介して行きます。

 

ブラックOKの携帯・スマホを3大キャリアで契約する方法

金融ブラックの人がドコモ、ソフトバンク、auで契約するには以下の3通りがあります。

  • 本体価格0円の正規取扱店で契約する
  • 本体を一括払いで購入する
  • SIMフリースマホを他で購入してから契約する

 

ブラックOK 携帯・スマホ本体0円の正規取扱店で契約する

昔はよく「本体価格0円」というキャンペーンをどこの店舗も行なっていましたが、今ではドコモショップやソフトバンクショップなどでは、そのようなキャンペーンを行なっていません。

しかし、このような専門店ではない正規代理店では未だに本体価格0円のキャンペーンを行なっているところがあり、おとくケータイ.netスマホ乗り換え.comでは携帯本体を0円で契約することが出来ます。

しかも、ドコモやソフトバンク、auと正規の契約を結ぶことが可能なので、一番おすすめの方法です。

 

ブラックOK 携帯・スマホを一括購入する

ドコモショップやソフトバンクショップ、auショップで携帯、スマホを手に入れるためには本体を一括購入する方法であれば、契約することは可能です。

しかし、今は本体代金が非常に高く、最新機種では10万円~20万円することもあります。

かなり古い機種を選んだとしても、正規店では古い機種は置いていないため、かなり費用はかかるでしょう。

 

ブラックOK 携帯・スマホをSIMフリー機種を他で購入する

家電ショップやネットショップ、中古ショップなどでSIMフリースマホを購入し、その機種でドコモ、ソフトバンク、auと契約する方法もあります。

iPhoneなどは最新機種で10万円~18万円、古い機種で1万円~3万円ほどかかります。

Huawei(ファーウェイ)やASUS(エイスース)であれば1万円~2万円で買える機種もあります。

中古ショップでスマホを買えば、最新機種でももう少し安く買うことも可能です。

大手キャリアで取り扱っている機種であれば、契約することが出来るので、SIMフリースマホを別で購入する方法もありだと思います。

 

ブラックでもOK 携帯のデビットカード・口座振替

次にデビットカード・口座振替支払いが可能なスマホを紹介します。

大手3キャリアではデビットカードや口座振替での本体分割支払いができないため、格安スマホ会社での契約となります。

格安スマホ会社であれば、機種代金も含めて分割で「デビットカード・口座振替支払い」が可能です。

格安スマホ会社 デビットカード 口座振替 条件
楽天モバイル 楽天銀行デビット、スルガ銀行デビットのみ
OCNモバイル 楽天銀行デビット、イオン銀行デビット、JNBVisaデビット、三菱UFJデビット、スルガ銀行デビット、りそなデビットなど(非公開)
mineo × 楽天銀行デビット(可決報告多数)、スルガ銀行デビット(否決の報告もあり)、JNB VISAデビット
LINEモバイル × LINE Payカード(プリペイドカード)
UQモバイル ×
Y-mobile ×

上記の6社はデビットカードまたは口座振替での支払いが本体価格も含めて可能です。

楽天モバイルとOCNモバイルはデビットカード、口座振替両方での支払いが可能です。

mineoでは「デビットカードでの支払いはできない可能性がある」との記載がありますが、実際は楽天銀行デビットカードをはじめ、多数の可決報告があります。

LINEモバイルはLINE Payカードという「プリペイドカード」での支払いは可能です。

 

ブラックOK プリペイドSIM携帯

格安SIM会社では前払い式の「プリペイドSIM」がありますが、通常のプランと比べて少々高めな設定となります。

コンビニやネットでSIMのチャージが可能なので、「契約が面倒」な人や「期間限定の使い捨て用」でスマホを持ちたい人にはおすすめです。

携帯会社 料金プラン① 料金プラン②
IIJmio 3GB:1040円/月(SMS機能付き) 3GB:1600円/月(音声通話機能付き)
U-mobile 220MB/1日:2,500円(有効期限7日間) 220MB/1日:4,000円(有効期限15日間)
楽天モバイル 1GB:2980円/30日間 2GB:3980円/90日間
mineo 1GB:3,700円(有効期限2カ月間)au版 1GB:3,700円(有効期限2カ月間)ドコモ版

 

ブラックOKのプリペイドスマホ(ソフトバンク)は高い

ソフトバンクの「シンプルスタイル」というプリペイドスマホは存在しますが、料金が非常に高いためおすすめできません。

機種も限定されており、どれも古いですので、プリペイドは格安スマホのプリペイドSIMを使うのが良いでしょう。

通話料は6秒あたり8.58円かかり、通信費は200MBプランで900円(2日)、700MBプラン2700円(7日)、3GBプラン4980円(30日)となります。

 

ブラックでもOK 携帯のレンタル

携帯のレンタルはブラックでも借りることができ、有名どころでBモバイルレンタルなどがあります。

しかし、携帯レンタルは費用がかなりかかるのでおすすめはしません。

かけ放題プランとデータのみプランがあり、その他、事務手数料などがかかります。

かけ放題+1GB かけ放題+5GB かけ放題+15GB
9,800円(税抜) 15,000円(税抜) 18,500円(税抜)
データのみ1GB+SMS データのみ5GB+SMS データのみ15GB+SMS
8,000円(税抜) 13,000円(税抜) 16,000円(税抜)

その他、事務手数料:¥11,000、初期設定登録費用:¥3,000、SIMカード補償料:¥10,000がかかります

初期費用で最低32,000円かかるので、格安スマホやプリペイドSIMの方が良いと思います。

 

ブラックOK 携帯・スマホまとめ

ブラックOKで携帯・スマホを手に入れる方法を紹介して来ましたが、「正規取扱店で一括0円で購入」する方法と、「格安スマホをデビットまたは口座振替で購入」する方法がベストだと思われます。

プリペイドSIMや携帯レンタルは費用が高めなので、余程の理由がある人には良いかもしれませんが、先に紹介した一括購入か格安スマホで購入するようにしましょう。

 
【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました